トイレつまり完全ガイド

トイレのつまり

 

トイレがつまってしまって水が流れなくなると本当に困ります。 単純に使用中止になるだけでなく、汚水が逆流したりユニットバスの洗面所を汚したりする危険性もある禽獣自体になるからです。 だいたいの家庭は1つのトイレで生活しているでしょうから、解決するための時間も急がなくてはいけません。

 

とりあえず便器のつまりの原因で多いのは、流した紙がつまること。 そんなに紙を流さないよ?と思うかもしれません。 この場合は子どもがいたずら半分で・・・ という場合がおおいんですね。 どちらにしても、紙の場合はラバーカップやお湯、液剤で溶かすなどの方法で対処が可能です。

 

徐々に紙を分解すれば良いだけなので、根気よく対処すれば大丈夫でしょう。 針金のようなもので配水管を通してみたりしても効果的です。 うかつに水を流すと逆流の元になるので、物理的に紙を粉砕するような方法を選択するのがおすすめです。

 

そして問題なのは固形物です。 定番は超合金やミニカーなどのおもちゃ。 文具だとボールペン。居酒屋などで多いのが携帯電話やスマホです。 これはらうっかりおちてしまい、スルッと排水部分に引っ掛かかってしまうことがあります。 この状態で流してしまうと紙などが固形物に引っかかって、余計に詰まりをあっかさせてしまいます。

 

ただしこうなると便器の脱着という作業が必要になってきます。 作業経験者ならともかく、素人の場合はもう水道業者を呼んだ方がコスパがよいかもしれません。 便器を外すための道具を買うにもお金がかかり、近所になければ通販で取り寄せることになります。 使用後も人生で2度と使わないと思われるスパナなども不要でしょう。

 

実作業も段取りもわからず、便器を外しても問題の原因を解決できるともわかりません。 半日かかれば日給仕事です(笑)  サラリーマンなら時給で考えて1万円程度の仕事になります。 よっぽど暇なフリーターや学生でもない限り、まず損をすると思った方が賢明です。プロにやらせた方がコスパ的にも安いことが多くなるはずです。

 

通常の紙詰まりなどの場合は、クラシアンなどで8000円くらい、近所の水道屋など安いところでは5000円くらいでしょうか。ただ紙の場合は上記のように、自分でやるのが一番安いですので、基本は自己解決でしょう。

 

しかし固形物の場合はまず解決できないので、依頼した方が早いです。 便器脱着の脱着の場合はたぶん1万5千円くらいでしょう。  格安のチラシや広告もありますが、奈良で逮捕された水道業者のように、現場の見積もりで数万円と脅かすパターンがほとんどなので、あまり無名なところは避けた方が賢明でしょうね。

 

 

 


関連サイト